So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2013年6月20日~6月23日 九州旅行 最終日は 鹿児島市内観光 [九州編]

いよいよ今回の九州旅行も今日一日です。
それも午後2時過ぎには40代同僚女性は再び九州新幹線で
博多まで戻り福岡空港から一路小松へ
40代元同僚男性とドリーは夕方の飛行機で鹿児島空港から一路羽田へ

朝からのんびりしていられません。
最後の宿泊は各自シングルルームでゆっくり?寝ましたから
ドリーは5時半から目覚めました。
7時半の朝ご飯の約束でしたが、40代男性は何を勘違いしたか
7時半の出発と思ったらしく、女性二人が朝食におりていくと
すでに朝食をすましてぼーっとしていました。

40代女性とドリーも急いで朝食をすませ、出発です。
まずは鹿児島中央駅のロッカーに荷物を預けて市街観光のはじまりです。

前日から市街観光のパンフレットを見ていたドリーのその日の目的は
鹿児島の有名人の銅像巡りです。
前夜、「大久保利通」の銅像をみましたが、今日はもっともっと見物します。
まずは街巡りバスの乗ってザビエル公園へ行きました。
そこで、ザビエル滞鹿記念碑を見物
DSCF2402.JPGDSCF2401.JPG

そこから少し歩いた木々の生い茂ったところに大きな「西郷隆盛」の銅像
何といっても鹿児島がうんだ英雄です。
市立美術館のすぐそばにあり軍服姿でりりしく天を仰いでいます。
DSCF2405.JPG

鶴丸城跡に建つ鹿児島県歴史資料センター黎明館のそばには
島津家の養女となった「天璋院篤姫像」NHK大河ドラマは大人気でしたね。
DSCF2407.JPG

西郷さんの銅像から約100m離れた向かいの鹿児島市の宝山ホール前に
設置された銅像は、大久保利通や西郷隆盛らの上司で薩摩藩の家老であった
「小松 帯刀」の銅像です。
DSCF2410.JPG

まだまだ歩いて銅像見物は続きます。

鹿児島市の総氏神さま 島津齊彬公を祀る照国神社に行きました。
ここには「島津斉彬像」はもちろん、その腹違いの弟で斉彬病死の後
島津家の跡をとった「島津久光」その跡を継いだ第29代藩主「島津忠義」
の三人の銅像がありました。
DSCF2411.JPGDSCF2413.JPGDSCF2414.JPG
戊辰戦争の碑もありました。
DSCF2412.JPG

照国神社から少し歩いたところから再び街廻りバスに乗車
バスの中から「西郷洞窟」を眺めました。
西南戦争で田原坂から敗走し鹿児島に帰ってきた西郷軍は、城山に立てこもります。
しかし、政府軍の総攻撃に、西郷隆盛は自刃しました。
桐野利秋などの将兵も壮烈な最期を遂げました。
そしてバスは市街地の中心部に位置する標高107メートルの小高い山「城山」へ
そこで降りて桜島を眺めました。
ちょうどドリー達が桜島を眺めている時に小爆発がありました。
DSCF2415.JPG
ガイドさん曰く「ちょうど爆発が見られるのは運がいいよ。。。」
爆発して運がいいと言ってよいかは疑問ですが、本当に煙モクモクを眺めました。

再びバスに乗って仙厳園へ行きました。
歴代島津藩主の別邸であった仙巌園は、ダイナミックな自然を生かした
屈指の名園です。
借景技法を用い、桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てた素晴らしい景色と
広大な庭園が特徴です。
DSCF2416.JPGDSCF2417.JPG
DSCF2418.JPGDSCF2419.JPG
DSCF2420.JPG

でも時間がかなり厳しい状況であり、40代女性も歩き疲れたようで
あまりゆっくりしていられませんでした。
何といっても40代女性には最後の昼食を鹿児島のデパート「山形屋」の
ファミリーレストランで「あんかけ焼きそば」という願いがありましたから・・・
これはどうしても外せません。

仙厳園から再びバスで前の晩にも行った天文館まで行き
時間に追われながら「あんかけ焼きそば」を注文し、最後の目的も達成しました。
40代のご両人はスペシャルをドリーはノーマルを頼みました。
40代女性が「しろくまくん」を注文してくれたので皆で頂きました。
DSCF2422.JPGDSCF2423.JPG
DSCF2424.JPG

忙しく慌ただしかった、でもすごく充実していた九州旅行も
無事午後2時に鹿児島中央駅に戻りすべて終了です。

ああ、疲れた。でも楽しかった。
ああ、仲間割れしなくて良かった。本当に楽しかった。
今度はいつ一緒に旅行できるでしょうか・・・
でも必ず、何年後かに同じようなくそ忙しい旅行に行きましょうね。。。

40代元同僚男性、40代同僚女性、お疲れ様でした。
旅は道連れをありがとうございました。

2013年6月20日~6月23日 九州旅行 三日目の夕食は南九州一の繁華街 天文館通りで [九州編]

知覧からレンタカーでホテルに戻ったのは、6時半くらいだったでしょうか。

すぐにレンタカーを返して夕飯です。
その日の夕食の会場は2軒です。

どちらも40代同僚女性の九州の友人のお薦めのお店です。
一軒目は薩摩黒豚のトンカツのお店「丸一」にしました。
【こだわり】
肉は鹿児島産黒豚、米は秋田こまち、キャベツは高冷地産の物を使用。
パン粉、油、ソースと自家製を使っております。
素材にこだわって提供しております。
とのことです。

鹿児島料理も2軒目に待っているので、 生ビールとロースとんかつと
海老フライにしました。
もちろん食いしん坊の40代元同僚男性のために、とんかつは定食セットにしました。
大きな海老フライも喧嘩しなくて良いように3尾着いていました。
とんかつもすごく大きくてボリュームたっぷりでした。
DSCF2378.JPGDSCF2379.JPG

腹五分目というところで、次のお店です。
やはり天文館通りの路地に佇む「菜々かまど」という郷土料理のお店に行きました。
きびなごと鯖の刺身、水いかのやきもの、さつまあげ
ゴーヤチャンプル、つぶ貝煮などを食べてハイボールを飲んで一日の疲れを
三人で癒しました。
DSCF2381.JPGDSCF2382.JPG
DSCF2383.JPGDSCF2384.JPG

最後にレトロな喫茶店でお茶しました。
DSCF2387.JPG

天文館通りからホテルまで20分くらいの道のりを歩いて帰りました。
鹿児島中央駅手前5分くらいのところに「大久保利通」の銅像が
建っていました。
西郷隆盛、木戸孝允と並んで「維新の三傑」と称される人です。
自分で撮った写真は夜遅かったのでうまくいきませんでしたので・・・
DSCF2391.JPG200px-Ohkubo_Toshimichi_statue.jpg

ホテルのある鹿児島中央駅に戻った時はもう11時を過ぎていました。
DSCF2396.JPG
朝早くから随分あちこち動き回りました。
充実したというか・・・疲れたというか・・・

明日はいよいよ最終日です。夜には東京に戻ります。

2013年6月20日~6月23日 九州旅行 三日目は 鹿児島まで新幹線 [九州編]

台風も九州を通り過ぎ、雨もやみました。

三日目も朝から大忙しです。
ドリーがどうしても指宿から「たまて箱」号に乗りたかったので
博多駅を8時前に出発の九州新幹線「さくら」をとっていました。

ホテルのチェックアウトを7時に済ませ、地下鉄で二駅博多駅へ
40代同僚女性、いささか朝は弱いようで、口数少なく。顔はれぼったく
40代元同僚男性、いつもと同じで口数少なく寡黙
ドリーは相変わらず朝からテンション高く

で博多駅で各自気にいった駅弁を買って、新幹線に乗り込みました。
昔、駅弁と一緒に食べていた冷凍ミカンが買いたかったので
40代男性におねだりして買ってもらいました。
彼は昨日のリアル割り勘のこともあるし、快く買ってくれました。
ちょうどよいことに3個入りでした。。。
ドリーは大好きな唐揚げ弁当にしました。
DSCF2362.JPGDSCF2363.JPG
冷凍ミカンは昔は赤いビニールの網みたいなのに入っていましたが
今は可愛い箱入りですよ。
DSCF2364.JPG
お弁当とみかんを車中で食べておしゃべりしていたら1時間半の時間は
あっという間に過ぎ、九州新幹線の南の終点駅「鹿児島中央」に着きました。

そこからJR指宿枕崎線「たまて箱」号に乗り換えて、1時間で指宿へ
予定では、そこから電車とバスを乗り継いで「長崎鼻」まで行くはずでしたが
40代女性の九州の友人が、せっかくだから「知覧」も見物した方がいいよ。
とアドバイスしてくれたので、急遽指宿駅でレンタカーを借りることにしました。

40代男性は眼鏡使用なのに、眼鏡を持ってこなかったので運転不可
ドリーは方向音痴の上に、運転中に軽いパニックを起こすことがあるので
危険だから運転不可
日頃マイカー通勤し、運転上手な40代女性に運転はお願いしました。

ナビを頼りに一路南の果て「長崎鼻」へ
そこから眺める「開聞岳」は絶景です。
もう40年近く前にドリーは大学の卒業旅行でみいちゃん、美猫と訪ねたことが
ありますが、もう記憶にほとんどない状態で初めて眺めるように感動しました。
小さな神社もありました。
DSCF2371.JPGDSCF2373.JPG

実はこの日も温泉に行きました。
「長崎鼻」のそばに「ヘルシーランド山川」というところがあって
露天風呂が最高なのです。
180度以上広がる海のパノラマを見ることができ、奇岩の竹山、
海から突き出た俣川洲(またごし)と言う島や開聞岳も見えるのです。
herusy-roten.jpg
そのあとの予定もいっぱいだったので温泉はほんとうにひとっ風呂でしたが
こんな温泉ははじめてでした。

本日は昼食抜き、東京から持ってきたお菓子や40代男性に博多駅で買ってもらった
「博多通りもん」を食べたり、温泉でアイスを食べたりしました。

「たまて箱」号の車掌さんが紹介してくれたのですが、その日の10時から15時くらいまで
指宿のそばの知林ヶ島と、対岸の田良岬が砂州で結ばれ、完全に陸続きになるというので
せっかくだから対岸まで歩こうじゃないかと行ったのですが着いたのが午後2時で
その時間から対岸まで行っても戻るまでに陸地がなくなってしまうので、
こちらから眺めるだけにしておきました。
DSCF2374.JPG

そして次の目的地「知覧」に向かって車でゴーと思っていたら
40代女性は車を運転してすぐに「眠たい」と言い出し、車でグーです。。
しょうがないのでドリーが10分か15分運転したのですが、
地図を読めない女ドリーはもちろんナビも読めず、曲がっていいのか
分からず、軽いパニックです。
40代女性は相変わらずグーだし、40代男性は機嫌が悪くなるし
どうしようと思っていたらグーから目覚めた40代女性
また運転にカムバックしてもらい、知覧へ向け再びゴー

「知覧」は太平洋戦争の末期編成された大日本帝国陸軍の特別攻撃隊の
基地があったところで、特攻隊の犠牲者が一番多く出た基地だそうです。
特攻という人類史上類のない作戦で、爆装した飛行機もろとも敵艦に
体当たり攻撃し、自ずから命を落とすのですから信じられません。
陸軍特別攻撃隊員の遺品や関係資料を展示しています。
慰霊のための 灯篭が建立されています。
30分の映画を見せてもらいましたが、涙が止まりませんでした。
DSCF2375.JPG
DSCF2377.JPG
平和な時代に生まれ育ち、友人とこんな楽しい旅行が出来る幸せに
感謝しなくては・・・・・

島津家のお膝元である鹿児島です。「知覧」にも武家屋敷があるようでしたが
鹿児島中央まで戻らなくてはならないので、その日はそこまでと致しました。

再び、40代女性の運転で鹿児島中央のホテルまでゴーです。
もうグーはなく、しっかり1時間でホテルまでゴーできました。

運転お疲れ様でした。
レンタカー返して夕食でーす。

2013年6月20日~6月23日 九州旅行 二日目の夕食は旭軒でリアル割勘 [九州編]

2日目の締めくくりは夕食です。

かなさん紹介の餃子が美味しい「旭軒」です。
博多で餃子はどうなのとも思いましたが、40代同僚女性の希望です。

博多駅からお店まで5分くらいでしょうか。。。雨はもうやんでいました。。。
ところがちょっとした事件発生です。

もう後100mで旭軒につくところで、ドリー転倒です。
道路の歩道の段差に躓いて体を支えるにも怪我の後遺症で筋力がなく
思わずへちゃっとつぶれてしまいました。
左ひざを道路に打ちつけました。
「えっつ、また左・・・」「えっつ、今度は足か・・・」「えっつ、ひざのお皿われちゃったら
どうしよう・・・」その瞬間いろいろと考えてしまい、起き上がることもできず
40代元同僚男性に起こしてもらいました。
結局打撲でたいしたことがなく、何よりでした。

で、無事に旭軒に到着しました。
DSCF2356.JPG
生ビール1杯ずつ(40代男性は2杯)
鶏の手羽先一人1本ずつ
マカロニサラダ1皿(40代男性は食べず)、酢もつ1皿
きんぴらごぼう2皿、小さな餃子4皿40個
DSCF2357.JPGDSCF2358.JPGDSCF2359.JPG
40代男性はご飯とみそ汁セット 以上を注文しました。
合計支払い額は4,500円でした。

ここで支払いの時に、第二の事件勃発
普通に割り勘なら一人1,500円ずつです。
でも今日の夕飯は明らかに40代男性がたくさん食べているし、女性二人は
男性が多く払うと思いました。
もちろん、男性もそう考えていたらしく、女性1,000円で自分が2,500円払うという
まあまあ妥当な線の支払い案を提示したのですが・・・
なぜか40代女性は鼻を膨らませ、「それじゃあ、ただのリアル割勘じゃないよ。」
ドリーちょっとびっくり「何?リアル割勘?そんな言葉あったっけ?」
40代男性「えっつ、僕の案おかしいかな???えっつ、えっつ」

結局、そのあと寄ったスタバで案通りの決着になりました。

そんなはちゃめちゃな珍道中の一日も終了です。
明日は九州新幹線に乗ります。

2013年6月20日~6月23日 九州旅行 二日目の午後は佐賀 武雄温泉まで [九州編]

「長住喫茶堂」でリケイさんやかなさんと話をして午後の目的地が決まりました。

当初は、柳川の川下りをして鰻のコースを贅沢に食べる予定でしたが、
あいにくの台風の影響による雨で、予定変更になりました。

「どこがいいかしら」と地元のリケイさんやかなさんに相談したら
博多から1時間くらい足を延ばしたら武雄温泉というところがあって
温泉ありの 神社ありの リケイさんプロデュースの「西洋料理TAKEO  SARYO」
ありの TUTAYA、スタバとコラボの図書館ありの
見どころ満載ということなので、目的地は「武雄温泉」に決定しました。

大急ぎでリケイさんに長住喫茶堂から博多まで車でおくってもらって
大急ぎで切符買って、うーん、確かJR九州の特急かもめに乗って
行きました。

まずは、ランチということで「西洋料理TAKEO  SARYO」へ
リケイさんが電話で予約しておいてくださったので、午後2時にやっと
お店に着いたのですが、お店の方々は暖かく迎えてくださいました。

お店の方に伺ったら築70年の民家をレストランにしているそうです。
昭和モダンの佇まいです。
和魂洋才の繊細な西洋料理です。

とにかく、佇まいとお料理を紹介します。
昭和が息づいている建物と調度品
DSCF2348.JPGDSCF2345.JPG
DSCF2344.JPGDSCF2325.JPG
DSCF2331.JPGDSCF2332.JPG

お店の随所にリケイさんの作品が飾られています。
DSCF2330.JPGDSCF2342.JPG

2,310円のたけお茶寮御膳です。
•アミューズとサラダ
DSCF2333.JPG
•スープと自家製パン
DSCF2334.JPG
•本日のメイン(魚料理にしました)
DSCF2335.JPG
•ご飯とお味噌汁と香の物
DSCF2338.JPG
•デザートとコーヒー
DSCF2341.JPG

すごーく気に入ってしまいました。絶対に絶対にお友達連れてきます。

後は武雄神社にも行きました。
武雄神社左脇より、裏山の方へ続く遊歩道を5分程歩いたところに
「武雄の大楠」はあります。
武雄神社の神木と云われており、根廻り26m、目通し14m 樹高27m
推定樹齢3000年 樹根の部分に広さ12畳の空洞があり中には天神様が祭られています。
DSCF2351.JPG
なんだか縁結びの木もありました。。。
DSCF2349.JPG
まさにパワースポットです。

神社から歩いてすぐのところに武雄図書館がありました。
またまたTUTAYAとのコラボです。
TUTAYAとスタバといえばつい最近代官山に行ってきたばかりです。
DSCF2353.JPGDSCF2352.JPG
やはりおんなじ匂いがしました。。。

そのあと、京都屋さんという温泉旅館に立ち寄って小一時間温泉で疲れを癒してました。
京都屋温泉.jpg

そしてまたかもめに乗って博多まで戻りました。。。
だんだんお腹もすいてきました。。。

2013年6月20日~6月23日 九州旅行 二日目は 午前中は雨の中「長住喫茶堂」 [九州編]

台風福岡直撃は免れたけれど梅雨前線を刺激して雨模様

でも40代同僚女性の友人のかなさんが車でホテルまで迎えに来てくれました。
もちろん、予定通り同僚女性とはホテルの朝食で会ってその後はずーと一緒
一時間遅れで朝早く羽田を発ってきた40代元同僚男性もホテルに着きました。

そしてかなさんの車で同僚女性の別の友人リケイさんが待つ「長住喫茶堂」へ行きました。
かなさんとリケイさんは同僚女性の福岡友達です。
二人とも才能豊かな方々でびっくり・・・
「長住喫茶堂」のデザインも手掛け、壁などに絵を描いているのがリケイさん
絵や書ははんぱではありません。もちろん専門家ですからねえ。。。
「長住喫茶堂」の写真撮ってきましたから紹介しますね。
リケイさんの描いた絵や喫茶堂の壁に描かれた絵です。
DSCF2317.JPGDSCF2318.JPG
DSCF2320.JPG
DSCF2322.JPG
DSCF2319.JPG
DSCF2321.JPG
かなさんは、「長住喫茶堂」のメニュをプロデュースしたそうです。
お料理が大好き、美味しいものを食べるのが大好き
少し前はバーもやっていたそうで、容姿もよしです。
プロデュースしたお芋のお菓子を皆でつっついて楽しいおしゃべり・・・
DSCF2323.JPG
40代花盛りの三人の女性に囲まれ、ちょっと歳とりすぎたなあ・・・
ドリーはいい歳のとりかたしてるかなあ・・・
ちょっとセンチになってしまいました。。。。。
一人男の40代元同僚はどんな気分かなあ・・・

でもいつまでもセンチになってはいられません。。。。。
午後の予定もめいっぱいです。。。。。
急げ!!急げ!!

2013年6月20日~6月23日 九州旅行 一日目は福岡で旧友と・・・ [九州編]

6月20日午後3時半の飛行機で羽田を飛び立ちました。
会社は午後から次の日の金曜日まで1.5日の有休をとりました。

ちょうど台風が21日には九州に上陸する予報が出ていて羽田を
飛び立つのも遅れ、福岡空港では宮崎空港などに降りられない飛行機などで
空の上が混雑していて到着も遅れました。
まあ、無事に着いただけどもありがたいです。

中洲のホテルでチェックインして間もなく、前職場の同僚が迎えに来てくれました。
たぶん、18年ぶりくらいの再会です。
彼女ももう50歳になったと言ってましたが、はるかに若く見えます。
そう、昔もバンビのように可愛かったこの子を3歳年下ながらはるかにふけてみえる
男がかっさらったのでした。
18年経って二人の子供に恵まれ、今も仲良く暮らしているのですから
ドリーよりは上等ですがねえ。。。

で、最初に連れて行ってくれたのはお寿司屋さんでした。
彼女のお母様もよく行かれているという行きつけのお寿司屋さんでした。
たぶん「酔虎寿し(スイコスシ)」というお店だと思います。
ここで生ビール一杯と握り一人前を食べながら昔話に花を咲かせました。
握りは塩やレモンやタレなどがついていてお醤油をつけずに頂きました。
ちっちゃな握りで美味しかったです。

その後は、ふけてみえると書いた旦那と合流しました。
昔は老けて見えたけど18年の歳月が過ぎたとは思えないほど
変わっていませんでした。
彼が烏賊の活き造りを食べられるようなお店を予約しておいてくれました。
たぶん「中洲 十徳や」というお店だと思います。
東京では食べられない透明な烏賊のお造りを食べさせてもらいました。
烏賊.jpg
ここでは焼酎をたくさん飲みながらまた昔話に花を咲かせて、その日は
なんと6時から11時までの5時間で満開状態で大満足でホテルへ戻りました。

2軒ともご夫婦にご馳走になってしまいました。
何かお礼をしなくては・・・・・
お嬢さんが牛乳や卵のアレルギーだからクッキーとかだめだし・・・・・
何かいいもの考えてみます。。。

2013年5月24日~5月25日 箱根旅行 箱根町立箱根湿生花園 [東海編]

今回の箱根旅行は、のんびりしようね。。。
っと言っていたのですが、そうならないのが強力おばさん軍団

結局なんだかんだ、あっちこっち動いていました。

初日は海賊船に乗りかえるためにいった元箱根港のそばの箱根神社へ寄りました。
DSCF2268.JPG
DSCF2271.JPG

二日目はロープウエーやケーブルカーにのって仙石原にある湿生花園を見に行きました。
DSCF2286.JPG
DSCF2289.JPG

いろいろな野生の花が咲いていました。
DSCF2293.JPGDSCF2294.JPG
DSCF2292.JPGDSCF2295.JPG
DSCF2296.JPGDSCF2297.JPG
DSCF2298.JPGDSCF2299.JPG
DSCF2300.JPGDSCF2302.JPG
DSCF2303.JPG
たまに自然と接するのもいいですね。

2013年5月24日~5月25日 箱根旅行 豪華夜ごはんと純和風の朝ごはん [東海編]

箱根湯本からはフリーパス券を使いました。
2日間¥3,900です。損しないように使わなくてはと
強力おばさん軍団は、すんなりバスを乗り継いでいかれる所を
湯本から元箱根までバスに乗り、元箱根港から海賊船に乗って桃源台へ行き、
またそこからバスに乗って「竜宮殿」まで行きました。

一風呂浴びてからは夕食タイムです。
「竜宮殿」では、強力おばさん軍団はのんびり自分達のお部屋でお食事が
できました。

前菜は若草寄せ、美味だし、海老飛び子酢
御碗は薄葛仕立ての胡麻豆腐(筍、人参、椎茸)
御造りは海の幸いろいろ
DSCF2275.JPG

合い肴はフォアグラ黄金蒸し(南瓜)
焼物はサーモンサラダ焼き(えのき、蓮根、花豆)
DSCF2277.JPGDSCF2279.JPG

蒸物は海鮮豆乳クリーム(蟹爪、帆立、目鯛、海老新丈、ブロッコリー)
主菜はカナダビーフ(彩り野菜)
DSCF2280.JPGDSCF2281.JPG

止椀は田舎仕立ての味噌汁
ご飯は御殿場産こしひかり
香の物は三種盛り
DSCF2283.JPG
いろんな種類が少しずつだったので、ごはんを少し残しただけで後は完食しました。

そして翌朝のご飯も純和風の美味しい朝ごはん・・・
鯵の干物を久し振りに食べました。。。
DSCF2284.JPG

健保組合が補助してくれてるので、思いのほか安くて・・・
次はどこのお宿を申し込みましょうかねえ・・・・・

2013年5月24日~5月25日 箱根旅行 美味しい昼ごはん [東海編]

5月24日 晴天
小田急町田駅に11時に待ち合わせたおたか、みいちゃん、美猫、ドリーの
強力おばさん軍団の近場箱根温泉への旅がスタートしました。

町田駅からは小田急ロマンスカーで1時間、ビール飲んで、バームクーヘン食べて
相変わらずやむことのないおしゃべりをしていたら
あっという間にロマンスカーは終点箱根湯本駅へ到着です。
バームクーヘンは美猫が仙台から持ってきてくれたもので
なんちゃんて「マダムシンコ」のような「仙台バーム」でした。DSCF2264.JPG

箱根湯本駅に着いて、まずは昼食、腹ごしらえです。

箱根と言えばおそば、駅から5分くらい歩いたところにある「はつ花」という
お蕎麦屋さんへ行きました。
今回の旅行は、何故か4人の気が合ってしまって注文するものも同じでした。
「貞子そば」じゃなくて「貞女そば」
つめたいとろろそばです。

そのあとのバスの時間もあるのでちょっと急ぎ足です。
細い日本そばにとろろと卵の黄身がのっていて、そこにつゆを
だくだくとかけて食べました。。。
DSCF2265.JPG
さっぱりして、美味しいおそばでしたねえ。。。 値段は950円でした。

その日の夕食のことは、少し後にして、
箱根と言えばお蕎麦、次の日のお昼もまたまたお蕎麦にしました。

場所は仙石原、ここは箱根湯本駅から少し離れています。
美猫さんが仙石原にある「湿生花園」に行きたいというので
そこを散策した後に寄りました。

おたかの娘さんご夫婦がよく食べに行くお店だそうです。
囲炉裏焼 そば関所「座りや」というところです。
この日も皆、同じ物を注文しました。
「野菜天そば」¥1,500円 新潟産の直送野菜の天婦羅と
小鉢とお蕎麦のセットです。
小鉢も野菜たっぷりです。しかも5種類も付いていました。
前の日のお蕎麦よりちょっと太めで、ちょっと縮れてて
またまた美味しかったです。
DSCF2305.JPG
DSCF2306.JPG
このお店は夜になると飲み屋さんになって串焼きが美味しいそうです。
今度は夜に飲んで食べてをやりたいです。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。